2014年03月26日

うはー!!ドンキーコング超おもしれぇ!!

こんばんわ!ゲシュタルト崩壊の、わりです!


先ほど、不意にやりたくなってスーファミを引っ張り出しました。

ソフトは「スーパードンキーコング」
ドンキ2.jpg

うちらと同じくらいの年代の方ならば(自分は昭和61年、早生まれです)、誰もがプレイしたゲームなんじゃないでしょうか?
自分の家で。友達の家で。
親指が擦り切れるくらいやり込んだはず!!


しかし、この難易度ww
スーファミの横スクロールアクションってクッソ難しくないですか!?ww

ドンキーコングなんてまだマシな方ですよ!
魔界村なんて、俺は当時無理ゲーだと思ってましたからねww



まぁそんな中、この「スーパードンキーコング」が何故大ブレイクしたのかを5分くらい考えてみました。

まずは当たり前ですがグラフィックですよね!
試しにスーパーマリオワールド(写真右)とスーパードンキーコング(写真左)を見比べてみてください。
マリオ.jpgドンキ.jpg

全然違います。
キャラも綺麗ですし、細かい表示物もこってます。
なにより背景!!
めっちゃ綺麗ですよね!!
これスーファミですよ!?当時は衝撃的でしたww


そして、個人的にドンキーは「至高のタイミングゲーム」だと思っています。
このゲーム、当時のどのアクションゲームよりもタイミングにこだわった作りをしてると思うんです!!
タル大砲とか、マインカートコースターとか、ロープアクション等々。
失敗すると単純にムカついて、悔しいから何回も何回もやり直してタイミングを掴む。
そしてクリアできた時の達成感といったら…もうたまらないモノがありますよww
そんなアクションゲームの王道ともいえるタイミング要素を、このゲームはさらに昇華させたと。
そこにもブレイクの要因があったのではないかと思います。


まぁ、自分はたいしてゲーマーではないので、そんなに詳しくないんです実は。

でもあまりに懐かしかったものだから熱くなっちゃいましたww
リアルゲーマーの方がいましたら、どうか私など一笑にふして無視してくださいww

よし!今日は工場地帯まで行くぞ!!ww


わり
posted by ゲシュタルト崩壊 at 00:56| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。