2014年06月27日

2014年春アニメをふり返る@

こんばんわ!ゲシュタルト崩壊の、わりです!


さて、6月もあと少し。
春アニメもそろそろ終わろうとしています。


ここらで、個人的な春アニメの感想を書いておきたいと思います。


まずは、三ヶ月前にワリ自信が書いた春アニメ注目作品です。
こちらのリンクからどうぞ。↓
春アニメ(2014年4月〜6月)、個人的に興味あるアニメ。

他にもこんな記事も書いてました。↓
謎に包まれた来期アニメの大本命!!「M3〜ソノ黒キ鋼〜」公式HPオープン!!





結論から言いましょう。
春アニメ、最終的に「シドニアの騎士」一人勝ちです!ww

最後まで見続けられたのは、「シドニアの騎士」「一週間フレンズ」「悪魔のリドル」「ノーゲーム・ノーライフ」だけでした。
「ジョジョ」「魔法科高校」は2クール作品なので継続して見てますが、魔法科高校は今後の展開次第で早々に切ります。今でも惰性で見てます。
ジョジョは別格です。評価しちゃいけない。

ここに名前が出てこない作品に関しては、正直よく憶えてない。
一つ言えることは、観賞に費やした時間を返して欲しいです。




いやー、ダメダメなクールでしたねー!
今期名作と呼ばれる作品(もしくは高評価作品)って一つも無かったんじゃないですか?
シドニアの騎士は一部から絶大な支持を得てる作品ではありますが、マイノリティの域を出ることはないと思います。それもこの作品の魅力の一つなのかと。
例えば「進撃の巨人」のように、アニメファンでない層にまで影響を及ぼすような作品は稀だとしても、アニメファンの総評として高評価な作品って毎クールに一つくらいあったと思うんですよ。
そういうのって今期あったかなーって。
僕個人としては、存じ上げませんww


まぁそんな中、個人的にナイスな作品もありました。
「ノーゲーム・ノーライフ」ですね!
ラノベ原作もので久しぶりに僕の琴線にふれました!
原作買いてぇ…。って久しぶりに思わせてくれた作品です。
戦略、知略、心理戦。それらをファンタジーに上手く融合させたシナリオは面白かった!
十数種族のうち最弱の人類だからこそ、頭をつかえ!という設定もナイス!
ギャグパートもパロ満載で楽しい!w
作画もひじょうにこだわって描かれていたので、アニメとしても高評価!
演出も素晴らしかったです。


惜しい作品もありました。
「悪魔のリドル」です。
設定の作りこみや、ラストに向けてのシナリオ収束感はとても良かった!
キャラも一人一人しっかり確立していて、それぞれにストーリーがある作り方は観ていて楽しかったです。
ただ、せっかく暗殺者達の戦いが題材なのだから、バトルシーンにもっと迫力が欲しかった!
そして心理描写をもっとえげつなく描いて欲しかった!
とても惜しい作品でした。




てな感じです!
夏アニメは強豪ぞろい!
いまから凄く楽しみです!
きっと寝れないのは熱帯夜のせいだけじゃないはずww
がんばれジャパニメーション!!

わり
posted by ゲシュタルト崩壊 at 21:13| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。